乗り物が怖くて乗れない(パニック障害)

乗り物が怖くて乗れない、乗るとパニックになる、パニックになりそうで外出を避けている、という相談を受けることがあります。

動悸がする、顔が赤くなる、汗が出る、心臓が止まるのではないかと不安になる・・・など、パニック障害と呼ばれています。

苦手なものは人によってさまざまで車、電車、飛行機などです。

また、電車が苦手な方の中にも、各駅停車なら大丈夫です。急行なら大丈夫。とにかく全部ダメという方もいらっしゃいます。

私たちの脳の中には危険な状況になったときに警報をだしてくれる仕組みがあるのですが、それが何かの拍子に誤作動をおこしてしまいくせになってしまうことで起こると考えられています。

これは誰にでも起こりうることなのですが、日常生活、社会生活に支障をきたす場合はカウンセリングやトレーニングが助けになります。

トレーニングは無理のない範囲で少しずつ少しずつていねいに進めていきます。

外出が困難な方にはスカイプカウンセリングによるサポートも可能です。

今までに何人もの方が電車に乗ったり旅行を楽しめるようになりました。
どうぞお気軽にご相談ください。

« »