カップル・夫婦・家族の問題

カップル、家族というと明るく楽しいイメージで語られることが多いですが、現実には、いろいろな問題が起きていることがあります。

育った環境も、経験も、価値観も違う2人の人間が、ときには協力し合い、時にはけんかをしながらも、お互いを尊重し合い、助け合って一緒に暮らしていくということは、簡単ではありません。

多少の価値観の違いや、性格の不一致などがあったとしても初めのうちは気にならないものですが、年月がたつにつれてそれが際立ってきてコミュニケーションにすれ違いが起きることがあります。こころのすれ違いが続くと浮気やセックスレスなどの問題が起きることもあります。

また、最初はうまくいっていても、だんだんに考え方や成長のずれや、仕事や生活スタイル、生まれ育ったところの慣習の違いや宗教などの違いからくる意見のずれがでてくることもあります。

突然の災害、病気、介護などの問題が降りかかってきて初めて、家族の今までのコミュニケーションが足りなかったことが明らかになることもあります。

パートナー、家族のメンバーがうつやパーソナリティ障害、依存症などの精神症状に悩んでいるとき、家族は対応がわからなくて悩むことがあります。

相手を積極的に傷つけたいと思っていないのに、どうしても傷つけるような言動をしてしまう、DVをしてしまうということもありますし、パートナーからの暴力被害に悩んでも何も言えずに我慢をしてしまっているケースもあります。

パートナーとの間の問題や家族の問題はなかなかオープンにすることは難しく、悩んでいるうちに、長期化、慢性化、孤立化しがちです。子どものいる家族だと、夫婦の問題が子どもに影響を与えます。また、子どもの問題が深刻だと夫婦関係もぎくしゃくしてしまい、よけいに問題をこじらせてしまったりします。

家族だから、パートナーだから、親子だから、きっといつかは気持ちは通じるはず、お互いわかり合えるはず、という期待が現実を見えなくさせるのです。

おひとりおひとりの貴重な人生の時間を大切にするためにも、問題に気がついたら、早めの対処が必要です。

ひとりで考えているとぐるぐると同じことを思い浮かべて解決の糸口がなくなってしまいますが、家族全員、ご夫婦で、パートナーとお二人で問題をオープンにしてしっかりと話し合いをすることは問題解決の最初の一歩です。

武蔵小杉セラピールームは悩んでいるカップル、ご夫婦、ご家族からの相談を受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

« »